全員が納得することができる家を建てること

今年80歳になるおばあちゃんと一緒に住もうとなったのですが、二世帯住宅をどう作るか?というところが一番悩みました。
例えば、完全に二世帯が隔離されてしまっていて、ほとんど顔を合わせないなんてなってしまったら、おばあちゃんに何かあった時、迅速な対応が取れないし、だからといっておばあちゃんや私たちのプライバシーも守りたかったのです。

そこで二階の部屋からおばあちゃんのリビングが見えるような独特の構造にしてもらいました。
おばあちゃんも私たちに用事があったら、すぐに私たちを呼ぶことができるし、私たちもおばあちゃんが転んでケガしてしまったなんていう時もすぐに異常を察知することができます。
おばあちゃんも老後の生活に心配なく生活できて、その上、二世帯とものプライバシーも尊重することができるので、二世帯住宅を始めるという家庭には特にオススメしたい方法だと思います。

プライバシーの問題というのは、それぞれの家庭によって様々だと思います。だからこそ、家族全員で話し合ってみてはいかがでしょうか?