家は性能、財布の中は安定が一番です!

一生に一度といわれる住宅の購入。我が家は家の性能を一番に考えました。国が進める長期優良住宅と同じ基準で建てました。家にかかるランニングコストを減らすには、断熱性能、耐震性能、最初のコストはかかっても外壁や屋根などは、品質のよいものを選ぶことで軽減されると考えたからです。特に断熱面は外壁や屋根、ガラス面まで考慮しました。

まずは家を建てる地域の地盤の特性から、気候などを詳しく理解した住宅会社を選びました。その工務店は、断熱性能を得意として、性能だけではなくデザイン性も高く間取りや外構に至るまで細かく提案してくれるところが魅力です。性能を重視するあまり、美しくないデザインの家を建てるより納得できる家づくりをしたかったので、それを叶えられる住宅会社を見つけることに専念しました。住宅会社任せではなく、家づくりは自分自身が勉強して知識を高めました。

家の購入にあたって、まずは資金計画が大事です。まとまった資金とローンを組むのであれば、将来の事も考えなければなりません。私自身、当初は夫婦共働きで安定した収入と十分な資金がありましたが、現在は生活環境が変わり夫の収入で賄っています。どちらかの収入がなくても賄えるローンの設定が大切です。お金の面がクリア出来なければ、間取りや性能面やインテリアに至るまで楽しく計画出来ると思います。

家は性能、財布の中は安定が一番です!」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。